再生発生学研究室

Labolatory of Regenerative and Developmental Biology
(分野: 動物発生学、器官形成学)

English page

大学院 生命ナノシステム科学研究科
   生命環境システム科学専攻 博士前期課程・後期課程
国際総合科学部 理学系 生命環境コース


 教授      内山英穂 (email: hideho@yokohama-cu.ac.jp )
 博士後期課程  飯村 直哉
 博士前期課程  矢野 義晃、 山崎 勇貴、 小田 渉、 三田寺悠人
 学部生     坂井直哉、 崎山祐未、 清水陽子、 高木相佳、 上本真里亜、 黒澤 司


カエルの発生    発生研究紹介    再生研究紹介     研究概要   


研究室概要

当研究室では、アフリカツメガエル ( Xenopus laevis ) とマウスのES細胞を使って、発生のしくみを解析したり、細胞分化を制御する研究をしています。

カエルの研究においては、主に中胚葉形成中胚葉の分化制御の研究をしてきました。中胚葉は、その形成の最も初期に現れるT-box型転写因子(特にBrachyuryとTbx6)が分化の鍵を握っています。これらの転写因子のはたらきを抑えると、中胚葉形成が阻害され、その後の組織や器官の形成に様々な不全が生じます。

マウスのES細胞については、カエルにおける研究を基礎として、転写因子の過剰発現やフィーダー細胞の利用により、様々な細胞分化を起こさせる研究をしています。







次のページ では、このカエルの受精卵について説明します。